PCケースって何?

・PCケースとは?

PCケースはパソコンのマザーボードやそれに付随する部品を格納する箱のことです。

自作パソコンで使用するケースは、サイズやデザインが異なるものがあるとはいえ、

基本的な構造はほとんど同じとなります。

マザーボードやハードディスク、電源など自作パソコンを構成するパーツは、

必ず所定の場所に取り付けられるようになってます。

・役割とは?

PCケースはパソコンの各パーツを格納するパーツであり、外部の振動や埃などからパーツを保護し、

「冷却」「静音」といった性能面でも大きな役割を担います。

長く使えるパーツでもあるので、サイズ、デザイン、拡張性など、

将来のことを考えてしっかりと選びましょう。

PCケースにはサイズがあり大きく分けると

小型の『キューブ・スリム・コンパクト、ミニタワー』、

中型の『ミドルタワー』、大型の『フルタワー』の3種類に分けることができます。

 

(『ドスパラ評判購入ナビ』より写真を転載)

サイズの大きいケースほど拡張性も増し、取り付けられるパーツの種類・量も増えます。

また、電力消費が大きいGPUを搭載する場合はミドルタワー以上のケースが求められます。

理由としては電力が多ければ多いほど、電気抵抗が生まれ熱が発生。

排気のためのケースを大きくする必要があるのと、

GPUの冷却のためのヒートシンクやファンが大きくなりGPUがPCケースに入らなくなってしまうことが多々あります。

  

まずはマザーボードの規格にあったケースを選び、

その後搭載するパーツに合わせてケースを選びましょう。

 

また、内部的にほとんど使われないDVDドライブを排除することによって、

気流の妨げになるものがなくなり、

CPUやGPUに行き届き冷却性の高いPCを作成する事が可能になります。

さらにPCを選ぶには電源カバーが付いているかが大きな選定ポイントになります。

電源カバーが付いているメリットとしては電磁ノイズによる

パソコンの誤作動や故障のリスクを低下させる役割があります。

電源カバーの有無で価格が大幅に変わるといったことはないので、

できる限り電源カバー付きの物をオススメします。